2016年01月29日

【本日の一枚】メンデルスゾーン: 交響曲全集 / Herbert von Karajan

E23885AB-85ED-41B2-BBEC-FB8EB76B681C.jpg

そろそろ人生を変えた一枚を。
そう、ここというかホムペの元ネタになっているLobgesangです。

高校時代、最初に興味を持ったクラシックは、大長編ドラえもんでも使われたメンデルスゾーンの真夏の夜の夢でした。
スケルツォがすごい好きで、そこからこんな曲を書くメンデルスゾーンとはさぞや素敵なのだろうと思い、思い切って図書館で交響曲を借りました。
かろうじてイタリアやスコットランドは名前だけ知っていたものの他のは知らず、ましてや合唱付交響曲があるなんて!と借りたその瞬間まで知らなかったものです。

家に帰って聴いて天啓を受けた気分でした。
讃歌、すなわち第2番交響曲とはなんと美しく熱く見目麗しい曲なのかと。
その後模試のあとに寄ったCD屋でこの全集を買いました。
いくつか録音を聞きましたが、やはりカラヤンの第2番に勝る演奏はなかなか見つかりません。

思えばそこからクラシックへの傾倒が始まったように思えます。

一人暮らしを始めてコンポを買い、初めてかけたのはこの讃歌でした。
スコアを見ながら聞きました、なんて素晴らしいのだろうと打ち震えたものです。


レビューというより単なる思い出話ですね。
posted by Lobgesang / Blog at 01:34| 神奈川 | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする