2016年02月03日

【本日の一枚】エックハルト=グラマッテ: ピアノソナタ全集 / マルカンドレ・アムラン

D65EC348-3FAC-4D6F-AD16-99FBFF1D9BD6.jpg

ちょっと日があいてしまいましたが、またいつもの衝動的CD聴きたい買いたい病の発作が出ましたので。

ソフィー=カルメン・エックハルト=グラマッテはロシアに生まれカナダで活躍した女流作曲家。
ピアニストとして活躍したものの最初の夫の画家ヴァルター・グラマッテを失って以降作曲を学び始め作曲に専念するようになったそうです。交響曲や協奏曲などを書く一方、本盤に収められた6曲のピアノソナタも書きました。
明快で楽しくもかっこいい、ちょっと初期ロマン派のようなソナタかと思ったら、おいおいおいおい!と驚かされる音が入ったり、一筋縄でいかないあたりがまた20世紀の作曲家だなぁと思います。
遺作?断片だけ残った?ソナタ第7番があるようですが、実質これが全集です。
Hyperionレーベルからではないですが、あのアムランが手がけたというのもなかなか面白い。

しかしシャミナードやウストヴォーリスカヤなど、女流作曲家というのもなかなかすさまじい曲書くひとは多いです。
posted by Lobgesang / Blog at 02:52| 神奈川 ☀| レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする