2016年02月24日

【本日の一枚】大指揮者のピアノ曲 / 白石光隆

87D15025-8D6B-47F2-8741-A5FC1D253DDA.jpg
【本日の一枚】大指揮者のピアノ曲 / 白石光隆

いつまでも休んでるのもアレなのでそろそろ再開!
最近見つけた珍盤。
指揮者ってだいたい作曲やってたり、作曲やってたんだけど手に職つけたくて指揮者やってたり、指揮と作曲ってとても親和性が高いです(?)。
そんな偉大な大指揮者の作曲家としての顔を覗いてみようというすてき企画。

フルトヴェングラーは割と有名だとしても、トスカニーニやセル、シューリヒトなんていう面白い選曲。
しかしみんなどうもロマン派な音楽。
現代現代している曲はなかなか書かないところを鑑みると、やはり彼らは指揮者なのかなぁと思ってしまう。
もちろんフルトヴェングラーは作品大好きだし僕はすごく評価するけど、「この時代に必要とされるべき作曲家」ではないんだなぁと思ってしまう。

シューリヒトのソナタはなんかかっこいい、実にかっこいい。
posted by Lobgesang / Blog at 00:46| 神奈川 ☀| レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする