2020年09月09日

Sonata No.6 "Hello, World"



人生の節目節目でピアノソナタを書こうと思っていた。
僕にとってピアノソナタはかなり重要な音楽様式だと思っていておいそれと書けるものではないと思う反面、自己紹介的な要素があるものでもあると思っている。

落ち着いた創作活動も、とりあえず区切りをつけるために第6番を書きました。
2013年の第4番、2016年の第5番と一緒に単一楽章のピアノソナタ集です。
よろしければお聴きください。
posted by Lobgesang / Blog at 23:42| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

白昼夢


Daydream, Fantasy for Piano Based on Mioko Yamaguchi
(山口美央子『白昼夢』ピアノアレンジ)


シンセポップの才媛の名高い山口美央子の名曲『白昼夢』をピアノアレンジしました。
同じく彼女の『夢飛行』も絡めて「山口美央子の主題による幻想曲」仕立てです。

公開してからちょっと経ってしまいましたが割と気に入っているアレンジなのでぜひお聴きいたただければ。

Act.1 [ 0:26 ]
ピアノによる「白昼夢」
Hakuchumu for Piano

Act.2 [ 3:06 ]
「白昼夢」の印象によるインプロヴィゼーション
Improvisation from Hakuchumu's Motif

Act.3 [ 5:50 ]
「夢飛行」による目醒めとフィナーレ
Awakening from Yumehiko - Finale.Hakuchumu Reprise
---
Original Music: 山口美央子『白昼夢』『夢飛行』
Piano Arrangement & Playing: Yuki
posted by Lobgesang / Blog at 17:57| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

10年前の七夕から、今に捧げる流れ星


流れ星の消える前に 2522880000
for Piano 10th Anniversary


「流れ星の消える前に」は僕にとって特別な曲かもしれない。
2010年10月に参加した創作集団必志組第17回公演『流れ星の消える前に 2522880000』のために創った劇伴曲だが、諸般の事情によりこの曲は独立したピアノ曲として完成させた。
2回目の演劇作品に付した音楽だがここに詰め込んだ熱量はちょっと別格のものだと思う。
「Tiny Seed」が起点だとすれば、この「流れ星」は早すぎた到達点、そんなイメージ。
明るく希望に溢れる曲を描くのが苦手なのだが、この曲はそんな僕から十二分に絞り出された「光」の音楽だから、なのかもしれない。

当時の舞台関係者たちからシャンデリアとも喩えられた豪華で明るい変ホ長調の第1主題と、憂いと悩みを持ったホ短調の第2主題からなる単一楽章の楽曲だが、今回は10周年ということでその諸般の事情で発表されなかった第3主題をトリオに配した特別版として弾き直した。
フィナーレで少し顔を出す第3主題を独立したパートとして復活させた格好だ。
なお余談だが第1主題はシューベルト:即興曲op.90-4のバリトン主題のイメージが強い。

変ロの三音から成る短い序奏から、変ホ長調の豪華な主要部に突入。
ヘ長調に転調後、ホ短調の第2主題を提示し、再度第1主題と絡まり合い主要部を終える。
ハ長調の即興パッセージによるロマンスを経て、新規に追加した第3主題部に突入。
その後ゆったりした第1主題変奏部に受け渡され中間部を締める。
再度主要部を再現し、第3主題と第1主題、そして序奏が絡み合いフィナーレを築き一筋の流れ星(グリッサンド)と共に全曲を締める。

----

確かなことは僕はこの曲を間違いなく愛しているということであり、10年経てもこの曲は僕の大きな一部であるように感じる。
この後も数々の劇伴曲やピアノ曲を創ってはきたが、やはり僕にとって特別なモノなのかもしれない。

しかしこの曲を弾いた10年前に今の自分の姿をどれだけ想像できただろう。
言葉で聞けば10年なんて短いと思えるし、実際振り返ってもそんなに長いものでは無い。

だけど「変わった」ことがあまりにも多すぎて時の流れを大きく感じる。

この曲に対する変わらない思い入れと、10年が変えた自分の環境、この二つを感じながらまた新しい音楽を紡いでいきたいと思っている。
posted by Lobgesang / Blog at 00:00| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

Concert for One Audience 全4公演

先日#1を公開しましたが、続け様に全4公演を公開しました。
Stay Homeな昨今ですが、お楽しみいただければと思います。



#1 Chirdren of The Orchard
ピアノ組曲《果実の子供達》全曲演奏

[Program]
Children of The Orchard, Suite for Piano
Overture for Walkure
Fruitful - Fig
Deep Love - Lemon
Un-Happiness - Pomegranate
Beautiful Memory - Litchee
Nightmare - Grapes
Walkure! - Goodbye Orchard



#2 After A Night Comes A Day.
「明けない夜はない」をテーマにした演奏会型式コンサート

[Program]
Spring Has Come, from “Tiny Seed”

Utérus, Ballade romantique No.2
acte 1: Utérus
acte 2: Mille-feuille
acte 3: JigokuEzu-Utérus(Reprise)-Hello World

[Encore]
Senbon-Zakura Fantasy
(Original Music by 黒うさP, 千本桜)



#3 à la carte proms
小品演奏会(プロムス)

[Program]
Yuyama Akira: Confections A Piano Sweet(Excerpt)
湯山昭: ピアノ組曲《お菓子の世界》より抜粋
Overture, Confectionary on a Conveyor Belt
Baumkufhen
A Shortcake
A Hot Cake
Wefers(Lullaby)
Chocolate Bar
Birthday Cake
Ama-Natto

Yuki: Rhapsodien für Sakura & Retrospect
SakuraRemembrances(2 Rhapsodien No.1)
Retrospect, for Piano
Hazakura(2 Rhapsodien No.2)

[Encore]
AKB48: Flying Get alla Variazione
(Original Music by Shinya Sumida)



dolce, Audience Music for a Fictional Theatrical Performance
架空の演劇公演のための客入れ音楽

[Program]
Sanzensekai no Karasu wo Koroshita Asa
Ambient Impromptu from pour Princesse, Ballade romantique No.1 2nd Mov.
posted by Lobgesang / Blog at 20:02| 神奈川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

Concert for One Audience #1

活動休業中とはいえ年明けから書いてないとは。。。

さて、新型コロナウィルスの影響で社会は混迷を極めその中で突入したGW。
何ができるかなぁと考え、久しぶりにピアノを弾こうと思い立つ。

デジタルコンサートとして、可能な限りプログラムを一気に弾きました。
名付けて、「Concert for One Audience」。

家の中で一人で観ることができるコンサート、
あなたのためのコンサート。

第1回目のプログラムはポエトリーリーディング「果実の子供達」「さよなら果樹園」に附した楽曲を一つにした全曲版組曲。
是非ごゆるりお楽しみください。



Children of The Orchard, Suite for Piano
Overture for Walkure
Fruitful - Fig
Deep Love - Lemon
Un-Happiness - Pomegranate
Beautiful Memory - Litchee
Nightmare - Grapes
Walkure! - Goodbye Orchard
posted by Lobgesang / Blog at 23:15| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

あけまして2020

あけまして2020。

昨年はプライベートでドタバタしてたので、今年は落ち着いていきたいなと思います。
かくいう現在もやっと引越の第1段階の落ち着きがきたので、引き続き片づけをしなければな状態。
そんなですが今年もよろしくお願いいたします。

舞台活動からはしばらく離れるのでM3とかも出られるくらいに創作は行っていきたいなと思います。
posted by Lobgesang / Blog at 22:03| 神奈川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

Wish You Happy New Year. 2019-2020

まさかM3から更新していなかったとは。

というわけで2019年も終わるわけですが、今年はプライベートなことでドタドタしてました。
長かったというか、短く感じなかったというか。

そんななかでも「Amulet Maiden」「Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces...」などは産めたので、来年も創作は止めずに頑張りたい。



また「Tiny Seed, for Piano 10th Anniversary」みたいに昔書いた曲も今弾いたらどうなるかみたいなのもやっていきたいなとも思います。


何はともかく、残り1時間も切りましたが良いお年を!
posted by Lobgesang / Blog at 23:25| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

M3-2019秋 サ-28y

とても久しぶりの参加です。
2013年以来だから6年ぶりでしょうか。
---
M3-2019秋
2019.10.27(Sun) TRC第二展示場
サ-28y Lobgesang
---

New Album "Pianistic Poem"
ポエトリーリーディングに寄せた3つのピアノ組曲を収録したクラシカルなピアノ曲集です。


また劇場公演で初お披露目した「Ballade romantique」をリパッケージ版にして持っていきます。
「Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces...」をボーナストラックに配した「Ballade romantique Plus」もご期待いただければ。
posted by Lobgesang / Blog at 17:46| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

流寓譚、終演



無事、泡雪屋流寓譚終演いたしました。
ご来場いただきありがとうございました。

本公演での主要劇伴をピアノ小品にしてみました。
Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.
by Martin Luther

荒野でなお走り続ける彼女たちに祝福を。
posted by Lobgesang / Blog at 22:28| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

泡雪屋流寓譚

あんっHappyGirlsCollection『泡雪屋流寓譚』

190825.jpg


燃え落ちても尚立ち上がる泡。不屈の女たちの恋のお伽噺。
四度目の世界でピアノをかき鳴らします

【TimeTable】
2019/9/13(Fri)〜2018/9/14(Sat)

【Place】
ザムザ阿佐谷
http://www.laputa-jp.com/zamza/main/

【Ticket】
https://www.quartet-online.net/ticket/ryugu?m=0nbiidi

【Detail】
https://ameblo.jp/an-happygirls-collection/entry-12461047506.html

-----
なんと前回が最後だと思ったのですが、今回も出ることになりました。
ぜひよろしくお願いいたします。
posted by Lobgesang / Blog at 17:25| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

いとしの令和

まさか2019年の平成は一度もブログを書かずなことになるとは。

ご無沙汰してますYukiです。
実は年明けからプライベートでバタバタしており、諸々の小区切りがつきそうな時に平成が終わりました。

まぁ創作から少々足が遠のいていることに変わりはないのですが、
たくさん音楽聴いて、ピアノ弾いて、たくさん曲創っていきたいなぁと思います。
ここ最近では
・フココレ2019に「Secret garden story of amulet maiden, Suite for Piano」提供

Secret garden story of amulet maiden, Suite for Piano
Peridot, Overture
Topaz, mit “La folia/AC”
Sapphire, mit “Symphony 3/JB”
Garnet, mit “El purbro unido/SO-FR”



・平成最後に「Rhapsodien(für Sakura)」を創作

Rhapsodien(für Sakura)
SakuraRemembrances
Hazakura


・友人結婚式で「ムーンライト伝説」ピアノ五重奏版を弾く。

な感じでした。

令和になってもよろしくお願いいたします。
posted by Lobgesang / Blog at 23:15| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

さらば2018年

年末はちゃんと大掃除をしました。
ごきげんようYukiです。
しかし完全にたれパンダ通り越してぐでたま状態の日々。

さて2018年もドレスアップから始まったフココレ、彷徨イ天使、銀河鉄道の夜、泡雪屋と頑張った一年。
楽しかった反面、息切れした一年。

実は諸事情もあり、来年はしばらく演奏活動をお休みいたします。
来年3月のフココレに楽曲提供は予定にありますが、音楽活動も縮小しようかと思っております。

生きることというか生活というか、
そんなの考えながらしばらく自分の音楽を創ってみたくなったというか。
演りたいことはいっぱいあるのがなんともどうしようもない。


あるとき思い出したように顔をひょっこり出すかもですが、
のんびりゆるゆる音楽していきたい。


2019年も良い一年になりますように。
良いお年を!
posted by Lobgesang / Blog at 23:06| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

あっという間に師走

泡雪屋廻墾譚が終わってから思ったより時間が経ってしまった。
かなりの小休止モードです。

というわけで泡雪屋廻墾譚ご来場いただきありがとうございます。
「Ballade romantique」もお手に取っていただいたのならこの上ない幸いです。
ちなみにbandcampもはじめました。
https://yukiyiu.bandcamp.com/

じみーにHPもリニューアルしてたりしますのでとりあえずの近況報告でした。
posted by Lobgesang / Blog at 00:07| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

泡雪屋廻墾譚

緊縛夜話第十八夜『泡雪屋廻墾譚』
それは三度目の泡雪屋と女の物語。
二胡と音響も加わった音楽隊にてピアノで彩りを添えます。
181013.jpg


【TimeTable】
2018/11/1(Thu)〜2018/11/4(Sun)

【Place】
ザムザ阿佐谷
http://www.laputa-jp.com/zamza/main/

【Ticket】
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdig

【Detail】
https://ameblo.jp/an-happygirls-collection/entry-12401978954.html
posted by Lobgesang / Blog at 21:33| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

ドレスアップを弾く

もはや月一ですらも更新していないなんてなんということでしょう。

ということで先日、古巣のサークルの記念演奏会で久しぶりのピアノ独奏をして来ました。

https://45aniv.kpc.gr/

3月のフココレの《ドレスアップ》組曲から前奏曲、スケルツォ、フィナーレ(ジンタ)の三曲抜粋です。
器楽曲としても成り立つなぁと胸をなでおろす次第。
そこそこ好評だったの良かったです。

舞台用に創った曲でも演奏会用とかにして割と弾いて行きたい。
AntaresとかUtelusも10分くらいの演奏会用小品にはできるのでいつか弾きたいなぁ。
posted by Lobgesang / Blog at 21:31| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

Shura no Sora & Antares

すっかり時間が経ってしまいましたが、緊縛夜話第十七夜「銀河鉄道の夜 -露-」無事終演いたしました。
ご来場いただいた方、本当にありがとうございました。

また今回5年ぶりくらいにアルバム創ってみました。
180714.jpg
Shura no Sora

1.Overture(Shura no Sora for Piano)
2.Hoshimeguri no uta
3.Bokka
4.Polan no Hiroba
5.Kobo Tasogare
6.Ïhatov Farmers' Song
7.Haru to Shura
8.Shura no Sora

Total 47m12s
Based On K.Miyazawa


Loversあたりからふつふつと創りたかった音で、その後の「Sonata and Ambient」で実験はしてみたものの、すっかり間が空いてしまいました。
劇中でも用いた宮沢賢治歌曲をアンビエント作品に仕上げた自信作です。
お手に取っていただいた方ありがとうございました。

そして泡雪屋シリーズでもやっていた劇伴再構築ピアノ小品も。

Antares, Ballade romantique for K.Miyazawa

1st Mov. Overture "Shura no Sora for Piano" 0:00
2nd Mov. Barcarole "Pliocene" 2:10
3rd Mov. Scherzo "Ardeidae" 4:36
4th Mov. Intermezzo "Prodigal" 7:01
5th Mov. Finale "Antares or Hoshimeguri no Uta" 10:09


紅い蠍の火、アンタレス。
修羅が鮮新世と鷺を越え、放蕩の果てに見る星の交響詩。

なんとかこの七夕も頑張りました。
しばらく死んだように眠る。
posted by Lobgesang / Blog at 17:40| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

銀河鉄道の夜-露-

いよいよ1ヶ月後に迫ってきましたが、出演します。

有末剛 緊縛夜話十七夜 銀河鉄道の夜-露-

180609-1.JPG180609-2.JPG


銀河鉄道の夜×緊縛の幻想描写。
舞台美術、音楽、そして緊縛と芝居による総合藝術に。
新説・宮沢賢治譚、それは一人の修羅と女が求める「ほんとうのさいわひ」の行方。
宮沢賢治と高瀬露、それにまつわる当時の状況を丁寧に取材し描写したにしうりすいかの脚本を、泡雪屋シリーズでその演技力・演出力を遺憾無く発揮した夢乃屋毒花が手がけます。

【Date】
2018/7/7(Sat)-7/9(Mon)全五公演
 7/7 14:00 / 19:00
 7/8 14:00 / 19:00
 7/9 14:00

【Place】
ザムザ阿佐谷
http://www.laputa-jp.com/zamza/main/

【Detail】
https://ginga-tetsudo.amebaownd.com/

【Ticket】
https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbgci

【Cast/Staff】
◆緊縛
 有末剛
◆演出
 夢乃屋毒花(あんっ♡HappyGirlsCollection)
◆脚本
 にしうりすいか(あんっ♡HappyGirlsCollection/創作集団『必志組』)
◆出演
 飯村勇太(あんっ♡HappyGirlsCollection withB)
 糸巻こまき(あんっ♡HappyGirlsCollection)
 大島朋恵(りくろあれ)
 風間一花
 昴弥
 こばやしりさ
 三枝ゆきの
 酒井孝祥 (Brush-up One)
 澤田千尋
 出口晶美
 和女(Eja9)
 吉乃蕾
◆ライブペイント
 ハララビハビコ
 小鳥遊ナイ(ゲムザ)
◆音楽
 Yuki
◆照明
 飯村勇太
◆照明補助
 夢乃花毒花
◆制作補助
 差異等たかひ子(あんっ♡HappyGirlsCollection/Mix*Mix*Candy)
◆美術協力
 アベユウナ
 佐藤宏三
 舞
 森馨
 酔
 吉乃蕾
 流身華
◆協力
 あんっ♡HappyGirlsCollection
 Eja9
 株式会社ブラッシュアップ・ワン
 ゲムザ
 創作集団『必志組』
 Mix*Mix*Candy
 りくろあれ
◆企画
 ザムザ阿佐谷
 吉乃蕾


ナタリーにも紹介されました!
https://natalie.mu/stage/news/284367

よろしくお願いします。
posted by Lobgesang / Blog at 00:57| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DressUp, Suite for Piano


DressUp, Suite for Piano

Overture (“Ego:Egg_Reprise”)
Prelude
1st Mov. Honey
2nd Mov. Sugar,Scherzo
3rd Mov. mi tumi tu, Elegie
4th Mov. Chimaera-Jinta,Finale
Postlude


3月のフココレ用に作曲した組曲です。
フココレは過去3回中、第1,3回を担当しました。
第4回である今回の組曲は、第1回の総括して創った「Walkure!」で完結した「果実の子供達」とは全く違うアプローチとテイストで組み上げた組曲です。

にしうりすいかの二篇の詩を付したPrelude、Postlude、
差異等たかひ子が編む「mi tumi tu」に付した主要部から成るポエトリーリーディング用楽曲。

本作はポエトリーリーディング用の楽曲ではあるのですが朗読と音楽がお互い時間軸を支配し合う構成で、ビートの排斥も取り入れた手法を採用しました。
第1楽章の主要主題「HCAFDCH」と、第2楽章の主要主題「E♭DCHEFE♭D」が全曲の第1主題・第2主題の役割を担い、本作の前日譚「Ego:Egg」の基本主題を共通主題にすることで、全曲で一つのソナタ的な統一性を持たせました。

また公演ではLive Electronicaを採用し、導入にOvertureを付しました。
この曲は「Ego:Egg」をサンプリングした楽曲です。


今回の楽曲で手応えを感じたのは、詩と音楽との融合のさせ方の多様さでした。
クラスタートーンやリズムの液状化も行うことでより、標題音楽としての表現力をあげることができたのではないかと感じました。
その一方で楽曲自体がソナタ的統一感と有機的な連関性を持ち、音楽としても成立したものにできたと思いました。

よろしければお聴きください。
posted by Lobgesang / Blog at 00:47| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

saoriful fes 2018終幕

フココレから続きsaoriful fes 2018無事終演しました。
三日前に8度2分が出るという大事故があり、その代償に声も取られましたがなんとか。

怒涛の3,4月が終わりだいぶ燃えつきです。



For DressUp, Ambient Live Electronica
posted by Lobgesang / Blog at 16:23| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

4th フココレ「ドレスアップ」

いよいよ第4回目となるフココレの季節です。
今年はポエトリーだけではなく、劇伴でも参加いたします。
180301-1.jpg180301-2.jpg

【Date】
2018/3/17(Sat)-19(Mon)

【Place】
パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』@江戸川橋
http://esorabako.com/access.html

【TimeTable】
・17(Sat): 18:00 ◆◇
・18(Sun): 12:00 ◆ / 15:00 ◇ / 19:00 ◆
・19(Mon): 12:00 ◇ / 15:00 ◆ / 19:00 ◇
◆ 芝居(上演90分)
◇ ポエトリーリーディング(上演30分)

【Price】
\2,500(一日出入り自由)
\4,000(パイ投げ付き)
\700(リピート)

【Detaile】
https://gamp.ameblo.jp/an-happygirls-collection/entry-12343203680.html

【Reserve】
https://www.quartet-online.net/ticket/dressup?m=0hdjcgj

ポエトリーリーディングは前三作「果実の子供達」からは打って変わり差異等たかひ子が描く新たな世界線。
僕も参加した「Ego:Egg」からつながる世界を6曲の楽曲で彩ります。
また芝居の劇伴は笑いあり悲惨あり北條華生改め夢乃屋毒花脚本演出による「歌って踊れる介護職員の仕事と恋のお芝居」。

どちらも超重量級の内容でございまして、相変わらずピアノ弾くのが辛いです。
よろしくお願いいたします。
posted by Lobgesang / Blog at 00:25| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする