2014年06月07日

noteとReminiscence

最近熱いSNSと噂のnoteを登録してみてちょいちょい曲をアップしてみました。
つい最近投稿をまとめられるマガジンなる機能を実装したとのことでまとめてみました。

Reminiscences for Piano
https://note.mu/yuki_yiu/m/m8efdf97704f4

ReminiscenceはAmbient Impromptuほどの規模はないが私的な感情から紡いだ即興ピアノ小品。
私的な感情がそのまま音楽で伝わることはないと思っているが、きれいな思い出はきれいに届けたい。
それが生活を彩る音楽に昇華したい、それが連作ピアノ小品集「Reminiscence」です。

しかしnoteの音楽クラスタに遭遇する率がなかなか低いのですがいませんかー。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:53| 神奈川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

電脳歌姫は電気蝶々の夢を見るか

先日ひょんなことから初音ミクを手に入れたので、早速一曲作ってみようと思い創作しました。

Kochou-No-Yume(Mit Miku Hatsune),Ambient Impromptu for Piano No.9 by Yuki on Mixcloud



Ambient Impromptuの系譜ですが9作目なので声楽付きです。(コラっ
初のボカロ曲、初音ミク曲処女作。

学生時代、歌曲を書きたいなと思った時期がありました。
書きたかったテキストは荘子の「胡蝶の夢」。
夢と現の垣根が消えるサイケデリックな空気なら声で出したいと思ったのですが自分が歌うのは死にたくなるので断念しました。
結果的にボーカロイドやってよかったなと思います。
この空気感は生気溢れる人の声より、人造的なボーカロイドの方が美しく映えるんじゃないかなと思います。

ボーカロイドで作る曲であれば、絶対に人が歌うよりボカロでやった方が良い曲でなくてはならないと思っています。
その思いを胸にこれからも初音ミクを使っていこうかなと思います。


はてさて先日は原市earthcafeさんでのライヴ、そして幻想絵画、関係者の方々本当におつかれさまでした!+ありがとうございました!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:25| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

幻想絵画

というイベントに音楽を提供いたしました。
脚本は西瓜すいか女史。
久々の彼女の作品への献呈で少し胸熱です。
お時間があれば是非ご覧ください!

演劇カタログ『幻想絵画Vol.16』

http://funfanfun.jp/artist/panda/news/article/802

2014/05/18(Sun)
Open 17:00 / Start 17:30
@秋葉原アトリエACT&B

出演 / Re:Prezento
(蒼木瞳 / 玉田拓也 / 差異等たかひ子 / 命婦侑弥)

脚本・演出 / 西瓜すいか
音楽 / Yuki

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 04:44| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

まもなく例大祭!

M3がおわり間も経っていないのに次はいよいよ例大祭!

Re:Volte様からの新譜「夢想色彩集 Vermillion -深紅-」にてちょこっとピアノゲスト参加しております。
今回の作品は素晴らしい。
Ravyさんの本気を垣間みた良アレンジ多数。
例大祭ご参加の際は是非に!

Re:Volte い25b
http://www.re-volte.net/
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23486985

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 02:15| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

「終わり続ける幸せと」全曲レビュー

M3おつかれさまでした!
今回はいろんな人と知り合えたり、とても楽しかったです。

さて今更ですが、今回の弾丸リリース新譜「それみくはぴねす-終わり続ける幸せと-」を全曲レビューしてみようと思います。
「それみくはぴねす」はこの春本格的に活動するsaori,Yuki,彩冬貴灯子を中心とした総合表現プロジェクト「SorreMix(それみく)」のデビュー盤で2014 4/12のsaori birthday live 2014で披露された朗読作品を中心にレコーディングしまとめたオムニバスアルバムです。

Tr.1 Birth Piano ver.
saoriの2ndアルバム「Island」に収録されている「Birth」をピアノ伴奏アレンジしました。
昨年末のちょっとしたイベントで初合わせをした曲。
間奏部では三連符による主題を入れ込んでみたり、フィナーレにしてみたり、Yuki色を非常に強めたアレンジです。
このアルバム唯一のヴォーカル楽曲。

Tr.2 WhiteLace
彩冬貴灯子作詩、saori朗読、そしてYuki作曲・ピアノによるSorreMix内ユニット「WhiteLace」の初作品。
生活を彩る"服”のように使える音楽をコンセプトに、コーディネートを広げていく音楽作品。
第1作は「WhiteLace」「simple」「Terrace」「sunset→Milky Way」の4曲から成る小品朗読集。
saoriの明るくのびのびとした朗読が、鑑賞者の前を向く生活の背中を押す。

Tr.3 ー何度でも咲く花に喩えてー
彩冬貴灯子作詩・朗読、西瓜すいか脚本、M岡作曲・ピアノによる朗読作品。
saori作品の断片が使われていたり、なかなかに麗しい作品です。
すいかワールドが広がる世界観の中に内包された「ドラマティック」がいじらしい。
西瓜すいか作品に親和性が高く「あしあと」にピアノをつけたM岡のピアノは、今作ではこれでもかと儚くも煌びやかな音楽となり朗読に華を添える。
そして演劇的要素が存分に発揮された彩冬貴灯子の朗読も必聴。

Tr.4 月の爆撃機
今作を名盤に押し上げているのは間違いなくこの作品。
虹村凌作詩・朗読による声一本の朗読作品。
数多の作品のコラージュでもありながらその独自の世界観がぶれることなく提示されている。
朗読も音楽的で実にプログレシッヴな10分間を楽しませてくれる。

Tr.5 終わり続ける幸せと
表題作にして最終トラック。
saori作詩・朗読、Yuki作曲・ピアノによる朗読小品。
saori birthday liveにてStory Liveとして書き下ろされた朗読パートを、一つの音楽作品として独立させた。
前述のライブではsaori作品である「蓮哀歌」「つばさ」「テノヒラ」「視界ノ果テ」をつなぐ朗読であったが、今作は各曲の断片を使用した伴奏にした。
また終わり続ける幸せ「HappinessEND」を主題動機にした「H-E-N-D/シ-ミ-ラ-レ」が全編で楽曲を支配し、コーダでは圧倒的なフィナーレを構築。
終わり続ける終曲、そしてはじまる幸せの為の序曲として「それみくはぴねす」を結ぶ。

イベント各種でもこれから継続的に頒布していきますのでご興味がありましたら是非に!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:58| 神奈川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

M3 2014春詳細!

M3 2014春
2014 4.27(Sun)@東京流通センター
Re:Volte&さおりぷろじぇくと
第一展示場 F17b
http://www.m3net.jp/
http://www.re-volte.net/

今回参加する新作2点をご紹介!

◆東方入眠抄3 〜ひな☆みん〜
睡眠導入×東方アレンジという素晴らしすぎる最新作。
今回のテーマは鍵山雛。
ピアノによる睡眠導入小品、2曲の歌のピアノ伴奏アレンジ・演奏にて参加しています。


◆それみくはぴねす -終わり続ける幸せと-
saori birthday live 2014でお披露目された朗読作品を中心に収録した
「始まり、生まれ、続く『その日』をテーマに紡がれる、歌と語りのオムニバス・アルバム」。
始動した新プロジェクトSorreMixのデビュー作。
僕はBirth Piano Ver.、WhiteLace、終わり続ける幸せとに参加してます。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:06| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

M3 & 例大祭今回はゲスト参加!

Re:Volte様の各イベントの最新作にピアノで参加しております!
ぜひお手にとっていただければ幸いですです!

http://www.re-volte.net/
http://lobgesang.net/main/index.html

東方入眠抄3 〜ひな☆みん〜
@M3 2014春 2014 4/27(Sun)

夢想色彩集 Vermillion -深紅-
@第11回博麗神社例大祭 2014 5/11(Sun)

よろしくお願いいたします!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:39| 神奈川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

Live終了!!

無事に、無事に、本当に無事に、そして予想以上の大盛況ということで、めでたくsaori birhtday live 2014終演できました。
関係者の皆様、そして今回くんでくれたベースのconaさん、それみくのたかひこ、そしてsaoriさん、おつかれさまでした+ありがとうございました。
幸せな時間と素晴らしい機会を与えてくれたことに感謝するとともに今回で得られた自信と反省も込めていろいろセットリストも交えながら書いていこうかなと思います。ま、僕のブログですし、ひひ。

開演前:Ambient Impromptu
やりたいやりたいってだだをこねた客入れアンビエント。
邪魔にならず、そして彩れる音楽環境の創出、成功したかな。
僕個人は完全に30分弾き狂い瞑想トランス状態です。
変に音楽に集中できました笑

第1部:千本桜-さくらさくら- / 挨拶 / 幸せの物語 / Birth
ウェルカムソング。
saoriさんと初めてあわせたのが昨年末の千本桜とBirth。
あの時から、僕自身も自覚できるくらい比べ物にならない成長はできたんじゃないかと思いました。
挨拶も幸せの物語も今回は初めてでしたがかなり昇華はできたと思います。

第2部:Whitelace
それみくの第1弾、朗読ユニットWhitelaceのデビュー!
ピアノのバランスとかどうだっただろう。
新鮮な舞台でした。

第3部:コラボステージ,月光 / モザイクロール / 残酷な天使のテーゼ / Sonata for The Doll Master of Bucuresti
元々saoriさんと組むことになった一つの要因として鬼束ちひろが好きというのもありました。
僕個人は鬼束ちひろの「everyhome」は音楽の一つの完成形ととらえており、ピアノとヴォーカルによる美と機能美の最大公約数のような姿を目指しています。
だからそれを形にできてよかったのかな。転調後は最後まで自信無かったけど!!ぎゃーー!!
嬰ト短調とか嫌いだーーー。
モザイクロール、残酷な天使のテーゼはRiuさん、三枝ちえさんとのコラボ。
ダブルヴォーカルの妙技、楽しかったです。
お二方にも感謝!
そして当方アレンジという名目で急遽弾くことになったこのライヴで唯一のピアノソロ・・・。
Strummingにも収録したブクレシュティの人形師のクラシカルピアノアレンジ。
ソナタ形式に落とし込みまるでクラシック音楽の演奏会に来た空気が醸し出せたなら成功なんですがどうだったでしょうか。

第4部:ストーリーライヴ,蓮哀歌 / つばさ / テノヒラ / 視界ノ果テ
saoriさんオリ曲をたくさんたくさん味付けさせてもらいました。
練りに練ったものもあれば、まだまだ練り足りないものもありました。
でもconaさんとのベースとも相まっていいステージにできたんじゃないかなとは思いました。
蓮哀歌はピカルディー終止にするか短調での終止にするかでsaoriさんと殴り合った日々もありましたが(180%盛り)、空五度という終止で落ち着きました。
音楽を一緒に構築する過程が一番濃厚だった曲です。
つばさ、本当に最後までなついてくれない曲で苦労しました笑
でも今日が一番よかったといわれるくらいには弾けたのでこれからもっと仲良くしたい曲です。
テノヒラ、楽しかった笑
最後の最後でアルペジオで自爆、というか自滅。orz
視界ノ果テ、みんなの思い入れが強くて応えられるか不安で不安で自信が無かった。
でも最後の最後で僕なりの色はつけられたと思いました。
音階練習しなきゃ・・・。

アンコールステージ:ハッピーBirthデー、千本桜全員で!
ハッピーバースデーサプライズを言い出したくせに最後の最後でぐだぐだに崩壊して本当にごめんなさい(バク転で土下座
そして最後の千本桜は最後なんだなぁという感慨とやりきったなぁという想いと重圧からの開放感(笑)から一番楽しく弾かせてもらいました。
ちなみに三枝さんには残酷な天使のテーゼを、Riuさんへはモザイクロールをそれぞれサンキューメロディーとして入れ込んだの気づいてもらえたでせうか。
もちろんsaoriさんにもBirthいれたんですよ!
とにもかくにもほんとに楽しい千本桜でした。

演奏活動をしていて100点満点の演奏ができることなんてほとんどありません。
皆無といっても過言ではないと思います。
それでも70点から90点はつけられるものもあったし、50点・・・な曲もあったけどこのbirthday liveでしっかり成らせただけでもよかったなと思いました。
自覚するのが怖くて数えてなかったけど、今回は14曲+α弾ききったわけです・・・。褒めて笑
と同時に肝心なところでミスるところは本当に反省しなきゃいけないとこだし、決して練習してないわけじゃないけどやっぱ足りないんだなと悔しい想いをしています。
ミスってあったってしょうがないという話もありますが、結局聞き手を急に現実に引き戻してしまう、いわば舞台に立つものにとっては犯罪行為みたいなものです。
これだけは今後直していかなくては。

しかし演奏活動は重要だなと改めて思いました。
はっきりいって緊張や重圧で朝からつらかったです。笑
それでも喜んでもらえたこと、魅せつけてやれたこと、それは何にも代え難いことなんだな。
ぼくはまだまだピアノ弾きとして未熟です。
もっともっと舞台に出たい、そう思えました。
これからもピアノ弾きとしてよろしくお願いいたします。

ご来場の方々、ご覧になってくださった方々、ありがとうございました。
関係者のみなさま、共演者のみなさま、おつかれさまでした。
saoriさんハッピーBirthデー!
またライヴやりましょう!!


あ、後最大の後悔は
物 販 忘 れ た こ と 。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 12:00| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

saori birthday live 2014




ついに詳細解禁です!
Yukiついにライヴデビュー!!!
デビューなのにやる曲数が2桁なんですが。
もう必死と勢いで弾き狂います。
ちなみに弾く曲はほぼ全曲Yukiによるピアノ&ボーカルアレンジです。ご期待ください。
ぜひぜひいらしてください!!
当日もふらりと遊びに来ていただければ!

■Date
2014.4.12(Sat)
18:00開場/18:30開演

■Place
北新宿Dolce Vita
大久保駅から徒歩5分
http://www1.to/dolce-vita

■Price
1200円+1drinkオーダー

■Artist
cona
La Dolce Vita
M岡
Riu
saori
Yuki
彩冬貴灯子
西瓜すいか
虹村 凌
三枝ちえ

■Program
オリジナル曲
朗読
ボカロカバー
東方アレンジ曲

■Reserve
【A】Yuki's Twitter(@yuki_yiu) or Mail(yuki_yiu@live.jp)

【B】SorrelRecordsメールフォーム
http://www.sorrel-records.jp/index.php?p=contact
お名前とご連絡メールアドレスをご記載、「その他のお問い合わせ」をご選択下さい。
また、ご予約の際は以下の項目をご一緒にご送付願います。

Subject: 2014年4月12日LIVE予約希望
・ご予約の名義(フリガナ)
・ご予約人数
・お席のご希望 [前より・後ろより・特に無し]

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 02:24| 神奈川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

けっこんとは

実はただいま岡山倉敷におります。
従兄弟の結婚式です。

結婚ていいなと思うんです。
割と僕は恋愛とかパートナーとかかなり情熱的に、というか盲目的になると思うんです。
やっぱり人生のなかで隣に誰かいるというのは羨ましいことだなぁと思います。
僕も誰かを支え、支えられるそんな人生を歩みたいなぁと思います。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 21:59| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

ライヴやります

にゃんと初ライヴです。
ピアノ弾き狂う予定です。
詳細は発表次第こちらでも告知いたしますです。

†‡†‡†‡†‡†‡†‡†‡†‡†

【saori birthday live 2014】

■日時:4月12日(土)18時会場/18時半開演
■場所:北新宿Dolce Vita(大久保駅から徒歩5分ほど)
http://homepage3.nifty.com/sekky/dolcevita/cafe.html
■入場:1200円+1drinkオーダー
■アーティスト:
La Dolce Vita
M岡
Riu
saori
Yuki
彩冬貴灯子
西瓜すいか
虹村 凌
三枝ちえ
■予定演目:オリジナル、ボカロカバー、東方アレンジ曲、朗読

‡†‡†‡†‡†‡†‡†‡†‡†‡

最近一緒に活動しているsaoriさん(http://sorrel-records.jp/)のライヴに
専属ピアニスト面して出ます。
saoriさんオリジナル曲もライヴ仕様にYukiが全曲ピアノ伴奏アレンジ。
もちろんボカロ、東方もYukiピアノ伴奏アレンジ。

是非是非お誘いあわせの上いらしてください!><

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:41| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

いまさら

このブログを始めて足掛け7年。
ここのロゴですが

盛 大 に 間 違 っ て ま し た 。

Fantasitique De Dramatiqueってなんやねんということで更新しました。

8年目に突入しそうなここですが、生暖かくここも見守ってください。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 03:10| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

演奏会「cahier sonore」演りました

久々に魂が干からびる演奏が出来た気がしました。
指とかいろいろ課題はありましたが、
よい音楽が出来たとは思えました。

ありがとう、ベートーヴェン
ありがとう、ソナタ第2番



・・・って辛気臭くなるか!
こんどは交響曲第1番は全楽章やりたいし、第2番はまだまだ弾くぞ!

でも本当に楽しかった演奏会だった。
関係者の方々、ご来演の方々本当にありがとうございました!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 23:15| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

演奏会「cahier sonore」演ります

にゃんと今週末に演奏会を行います。
ご都合がつきましたら是非ともお越しください!


cahier sonore
-ピアノの響き-


cahier sonore -ピアノの響き

@雑司が谷音楽堂
2014年2月22日(土)
開場13:30 / 開演 14:00

小松悟 / 荒尾拓人 / 三條東彦 / 板谷祐輝

ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調op.21(連弾版)第1,4楽章
板谷祐輝:ピアノソナタ第2番
シューマン:ピアノソナタ第2番ト短調op.22
スクリャービン:ピアノソナタ第5番op.53
フォーレ:夜想曲第13番op.119,第6番op.63
レスピーギ:ローマの松(連弾版)

------------------

Sonatensatzにも収録したピアノソナタ第2番弾きます。
今回この演奏会に誘ってもらったときに、やっぱり弾きたいと強く思った曲です。
二十歳になって書いたはじめての曲で、自分の表現の幅が狭くて悶々と思っていた時期に書きました。
あの時の自分の最大の"表現"であり、今なお自分が書いたピアノ独奏作品の中でもかなり成功している部類だと自負しています。
こうして再演の機会をいただけたことに心から感謝します。

この曲を書いて6年ほど経ちました。
少しは成長したかなぁと思いつつ、しっかりと鳴らしたいなぁと思います。

お時間がございましたら是非に!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:14| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

Concerto For Piano And MAX/MSP

大学での卒業制作として製作するも録音することをすっっっっっっかり忘れておりました。
2年半越しの制作。

1stアルバムのSonatensatz最終トラックの「《Concerto》 ―ピアノと音響のための」を実用的な状態に仕上げた作品とでも言いましょうか。
ピアノと音響が協奏する独奏曲。
それがこのConcerto For Piano And MAX/MSP(2011)


根本的に僕は人と音楽をするのが好きではないのです。
生来の性格上、"すべて"を自分で創りたいという欲求がわりと強いのです。
なので自分で奏でるピアノ、そして自分のピアノに応えてくれる自分で組み上げた音響。
この二つが呼吸しあうことで奏で合い構築していく。
そんな作品を創りたかったのです。

願わくばコンサートホールで爆音で演奏したいな!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu for Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 03:34| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

音楽があるべき姿

世間ではそこそこは騒がれた件のゴーストライター問題。
多少ほとぼりも冷めたのかなと思ったので僕なりに考えたことを雑記ながら記してみようと思います。

その前に言いたいことは、この問題は日本におけるクラシック音楽の問題からひいては人類が音楽とどう向き合っていくか、大袈裟ではありますがそういう問題を孕んでいるということです。
考えれば考えるほど収拾はつかなくなるし結論は出ません。
ですが考えることに意味があるんです。
どうか皆さんにとって音楽がどういうものなのか考えてほしいのです。

音楽をみんなはどうやって聴きますか?
「音、つまり空気の振動を聴く」のか、それとも「音楽とそれに付帯する物語・ブランド・ロマンを感じる」のか。

僕は後者じゃない鑑賞の仕方をしない人はほとんどいないと思っています。
例えばベートーヴェンの交響曲を聴くとき、やっぱり「ベートーヴェンの曲だから」というフィルターを一切排除してその曲を判ずることが一般大衆、つまり大多数の聴衆が可能なのでしょうか。
僕は不可能だと思っています。
例えば街中で聴いたポップス曲、それを好きになったときアーティストのことを調べたくならないでしょうか。もっと好きになったらそのアーティストの記事やインタビューを見たくならないでしょうか。更に好きになったら楽曲の創作経緯まで興味を広げないでしょうか。
ファンとはそういうことをする人たちではないですか?
その楽曲の持つサウンド・和声・旋律・構成、それだけで音楽を求める人は居ない、つまりそれに付随する情報であったり付加価値を必ず人は求めるはずなのです。

僕が尊敬する一人のアーティストの言で「作品が作品の本質以外の部分で評価される世界には今更だが寂しさを感じる。」というのがあります。
創作する側としては当然考えることであり、これは本音です。
ですがそれを人は求めてないんです。
音楽を消費してくれる「ユーザー」にとって作品・コンテンツは生活を潤す部品のひとつ。音だけという部品より、音を含めた総合的な何かのほうが生活を潤してくれるのでしょう。
もちろんその音楽だけを求める人も少なからずいます。
でもそれが必ずしも「ユーザー」として正しいとは言い切れないし、それをマジョリティにする必要はないんです。

音楽以外の付加価値はユーザーにとって必要なもの。
僕はそういう前提の下で作曲家、クリエイターは創作をすべきだと考えます。

件の事件の最大にして唯一の問題は、その付加価値に『被爆』『全聾』を選びこともあろうにそれが虚偽で固められたところなのです。
ゴーストライターだとか、本人が書いてないとか、曲の完成度云々だとかそういう話じゃない。
つけられた付加価値にさらに嘘だったという真実(?)を突きつけ、人々に与えた過大な「感動」を奪ったことが最大の罪なのです。
僕はあの交響曲は好みではないけど、派手なオーケストレーションであったり情感に訴えうる旋律であったり、表現としてはおかしなことはしていないと思っている。事実あの演奏を聴いて感動してしまった聴衆がいるのだから。

もちろんHIROSHIMAというテーマにあの音楽が最適な音選びをしていたかと言われれば僕個人は疑問に思うけど、メディアが発展し記録されることが当たり前になったこの21世紀に、19,20世紀でやりつくされたオーケストラでの調性音楽を提示することがおかしなこととは思わない。
それはそれでおそらく何世紀もあとに面白い問題提起として残るはずだから。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 02:55| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

沖縄の地の思い出に

ちょいと沖縄の地にいってまいりました。
オフシーズンでも楽しいですね。

那覇をぐるぐるして、美ら海やら古宇利島やら見てきました。
実は生まれてはじめての沖縄だったのでうきうきでした。


Souvenir,Ambient Impromptu For Piano No.3


チャイコフスキーはフィレンツェの思い出という曲を書いたそうなので。(なに
琉球音階によるアンビエントピアノ曲。
実用音楽・環境音楽と個は共存できるのか。

沖縄の文化は本当に独特です。
中国・朝鮮の大陸文化かと思いきや和風な色が見えたり。
あの地がかなり好きになりました。
また行きたい!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 01:32| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

活動報告

最近ちょいとピアノを弾く機会が多い。

連弾にてベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調を演ることになって念願かなったと思えば、同じ演奏会で自分の第2番ソナタを再演できそう。

とある劇団さんから音楽のオファーをいただいたので序曲を献呈したら喜んでもらえたようで。
今後は細かい曲の録音もしていかなきゃ。

そして今日からBGMを変えたわけなんだけど、個人的なプロジェクトとしてアンビエントを少し本気入れたい。
前回の第4番ソナタのはアンビエントにならなかったので。
構造もあったけど何よりピアニズムが・・・。
結局盛り上がっちゃう癖を何とかすべくピアニズムの矯正から。
夜とか寝るときとか延々とかけていられる音楽として。
ピアノの音に包まれながら、そんな空間を楽しんですごしてもらいたい。
そんな音楽。


No.1


No.2


最近の動向としてはSorrel Recordsのsaoriさんとちょいとしたコラボの準備中だったり、西瓜すいかさんの「あしあと」再演を観にいったりと創作欲が沸くことがしばしば。
今年は楽しい一年になりそうだ。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Ambient Impromptu For Piano No.2
Yuki
Yuki
2014
posted by Lobgesang / Blog at 00:46| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014年があけて

みなさまごきげんよう。

2014年も始まりましたので、2013年の素敵な音楽を振り返ってみましょう。
題して第2回ゴールデンたにデミー賞発表!

2013年もいろんな音楽があふれました。
そんな中で
第1部:J-Pop部門
第2部:洋楽部門
第3部:クラシック部門
第4部:K-Pop部門
で2013年を振り返りながら独断と偏見で選盤しました。

【J-Pop部門】

ノミネート作は

This Silence Is Mine/鬼束ちひろ


バレッタ/乃木坂46


国境巡礼歌 完全盤/J.A.シーザー


赤痢初期音源集/赤痢


快恠奇奇 ALI PROJECT Ventennale Music, Art Exhibition


悪戯道化師とこのシングルをリリースした鬼束ちひろ。
完全復活、というより創作が安定した感のほうが出てて安心。

公式PVの叩かれっぷりが半端なかったけど乃木坂感を確立した曲だと思った。
2014年こそはアルバムを。

寺山修司没後30年ということもありJ.A.シーザーの音楽も再燃。
天井桟敷音楽集完結は本当にうれしい、そして国境巡礼歌単体はもっとうれしい。

赤痢初めて聴いたけど、いいね。
このくらい殺傷力ある音楽はなかなかないね。

ALI PROJECT完全集大成、快恠奇奇。
これくらいやらないベスト盤なんてもうベストと名乗るなくらい気合の入ったベスト。

そして最優秀賞は・・・(でろでろでろでろ


自由への進撃/Linked Horizon


もうね、2013年最高の、というか最強の一曲でした。
紅白もすばらしかったイェーガー!!!

【洋楽部門】

2013年は去年ほど洋楽を聴かなかったのがなんとも。
でもやっぱり女の子が好きだなぁと自覚してしまうノミネート作はこちら。


CLICHE/Alexandra Stan


Party Never Ends/Inna


MDNA World Tour/Madonna


アレスタ、インナ、ルーマニア二強のエレクトロプリンセス。
そしてCDという媒体について考えさせられる。
EPでも出してほしい。実に。

MDNAツアーはいろいろ凄かった。
Born This Way入れ込んだりノンストップに熱い。
最後のCelebrationは至極。

そんな中での最優秀賞は・・・


ARTPOP/Lady Gaga


Born This Wayはそこまで好きになれなかったけど、Artpopには力を感じた。
やっぱ伊達じゃないなぁ。

【クラシック部門】

2013年はラフォルジュルネにも行き、ピアノソナタにはまり、社会人になってからはじめてこんなにクラシックを聴いたのではないでしょうか。
そんな中での素敵なノミネート作はこちら!


IN 27 PIECES/Hilary Hahn


佐村河内守:鎮魂のソナタ/Yeol Eum Son


MARTHA ARGERICH AND FRIENDS LIVE FROM LUGANO 2012


ルビンシテインピアノ・ソナタ全集/Leslie Howard


ワーグナーピアノ作品全集/Pier Paolo Vincenzi


ヒラリー・ハーンは期待を裏切らない。
クラシックでありコンテンポラリーであり、何より現代(いま)にうれしい音だった。

なにかと話題の佐村河内。
ピアノ曲としては結構好きですよ、かっこいい"ソナタ"です。

スメタナ:2台8手ソナタの収録は沸いた。
ルガーノの選曲の幅の広さには毎回毎回脱帽。

個人的にキていたルビンシテイン。
Myピアノソナタブームの火付け役です。

生誕200年にして待ちに待った新譜。
ワーグナーのグランドソナタはもっと評価されるべき!演奏機会増えるべき!

そして堂々の最優秀賞は・・・


NHK「現代の音楽」アーカイブシリーズ特別篇 : 実験工房


実験工房展も盛り上がり、ますます実験工房への注目が期待されます。
メンバーである園田高弘によるピアノ曲が中心で構成され、単なる"資料集"ではなく、ファンにもうれしい音源ではないでしょうか。

【K-Pop部門】

日本のアイドルもそうですが、韓国も群雄割拠。
2013年はどんな一年だったでしょうか、ノミネート作はこちら!


CODE#02 PRETTY! PRETTY!/LADIES' CODE


Dual Life/SORI


Dream Girl - The misconceptions of you/SHINee


First Love/F-VE DOLLS


Ladies' Codeは間違いなく最強新人。
ここまで凄いと思った新人はあんまいません。
以降の活動がとてつもなく楽しみですが、今回の2ndアルバムはすばらしい。

Dual Lifeはすごい。結局日本に来ないのでしょうか?
エロかっこいいSORIちゃんのかっこいい部分がかなり出てる良曲です。
是非ともアルバムとかまとまった作品が2014年には出ますように!

SHINeeって音楽がこんな凄かったなんて・・・。
楽曲のかっこよさが半端なかった。
2013年リリースラッシュの皮切りだったアルバム第1弾は本当に衝撃でした。

5dolls改めF-VE DOLLS、6人になってもF-VE DOLLS。
カムバックするする詐欺にならず無事帰ってきた。
CCMらしいレトロ調と、かわいさからかっこよさへの過渡期のいい感じを絶妙に配合。

さて、さて、さてさて、最優秀作は・・・!


・Wild/Nine Muses


・Again 1977/T-ARA


やっぱり選べなかった><
女神VS女王、この2枚は絶対最強!

2013年、Nine Muses躍進の一年。
シングル「Dolls」、EP「Wild」、アルバム「PRIMA DONNA」、シングル「Glue」とこの1年間にすべてをぶっこんできた。
まるで去年一年間の空白を埋めるかのような活動ラッシュは本当にうれしかった。
なかでもこのWILDはかっこいいK-Pop曲の五指には入ります。
ソロ活動が始まるらしいです、がんばれ女神たち!

T-ARAの半端ないところは、日本でも本国でも曲を量産しているのに駄曲が全然ないところ。
バニスタ!を皮切りにTRASURE BOXで日本オリジナル楽曲を展開。
シンサドンが本気を出したNUMBER NINEでカムバック、そしてこのナオトッケのカヴァー。
スキャンダルを超えて一周してきた6人体制。
歌謡界の女王、不滅であれ。

------------------

紅白なかなかにいろいろすさまじかったですね。
2014年も素敵な音楽と出会えますように!

今年もよろしくお願いいたします!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Rhapsody Nr.3
Yuki
Yuki
2010
posted by Lobgesang / Blog at 01:08| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

2013年もくれて

喪中につき新年の挨拶は控えさせていただきますが、2013年もいろいろありました。
ほんとにいろいろありました。

先日はNT団&Sorrel Recordsですてきなピアノパーティ。
よい年越しでした。

今はまったり紅白を見ております。
リンホラ、美輪明宏が楽しみすぎなまったり年越しです。

2014年もピアノ弾いて曲いっぱい創って、音楽的にもより充実した一年にしたいです。
とりあえずピアノアンビエント三部作も作りたいし!

みなさまよいお年を!

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Rhapsody Nr.3
Yuki
Yuki
2010
posted by Lobgesang / Blog at 19:37| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする