2016年06月19日

Sonata Nr.5

宣告通り公開いたしますぞえ。


Sonata Nr.5 in C

単一楽章の演奏会ピアノソナタ。
器楽と実用音楽と形式を僕なりに消化した、久々に真面目に創った楽曲です。
前作のNo.4からの流れで僕がアンビエントソナタと呼んでいる一連の作品群のひとつのつもりです。
No.4とこれとまだ見ぬNo.6をつなげてホールで演奏したいものです。

どうも僕は人生の節目節目でソナタを書きたくなるようです。
No.1は高校卒業時、No.2は成人した時、No.3は大学卒業時。
No.4は忙殺されていた社会人生活の中で若干余裕が生まれ創作を再開しようとして最初に生まれた作品。
No.1からNo.3はクラシックや現代音楽を筆頭とする音楽の歴史への憧憬から生まれたわけですが、No.4以降は社会人になってから音楽への思いや捉え方が深化してから創りました。
それはつまり実用音楽という考え方を得、優れた実用音楽に触れるようになってからでした。

さてこのNo.5は前作No.4完成時点で展開部の主要主題が生まれました。
正確にはニ短調の断片はかなり前から温めていたのですがこの主題が形になったのはその時期でした。
当初はこのニ短調の主題を第1主題にと思っていたのですが、アンビエントソナタの考え方からは少々ずれるため新たに第1主題を創りました。
同時に作品のアウトラインはできていたのですが、漠然とし中身が定まらない中、2年もの時間が経過してしまいました。

今回大きな人生の節目となる結婚を機にこれを形にしよう、そして自分の直近の姿としてお披露目しようと強く思い今日に至ります。

今自分が理想としている音楽の姿を強く反映できたと思います。
それは誰にも否定されたくない確固たる個の思想であり、同時に音楽の創作が第三者という存在なくして成立し得らないことを再確認するものでありたいということでした。

序奏はなく呈示部冒頭から現れる「E-G-A♭-G-F-E」が第1主題として楽曲全体を統制しています。
続く0:52より下属調で下降音型「F-E♭-D♭-C」より第2主題となります。
ちなみに友人には第2主題は実にYukiらしいとお墨付きいただきました。
そしてポリフォニックに両主題が奏される小結部を経過し、2:29より前述のニ短調主題による展開部に突入。
呈示部の両主題を少し絡めながら転調を経てクライマックスを構築。
続く再現部では呈示部とは全く違う音楽で再現。
4:27から静寂に包まれたレスタティーヴォ風の第1主題、同主調となった第2主題。
最後に第1主題によるフィナーレを迎え全曲を締めます。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Retrospect, For Piano
Yuki
Yuki
2015
posted by Lobgesang / Blog at 01:20| 神奈川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

とういうことで

最近結婚的なことをしたわけなんですが、
まぁいろんな変化というか
どちらかというと自分の環境適応能力が
もう自分で自分を褒めてあげたい感じ。

余談なんですが
SNSとかで結婚的なのすると
えらく
みんなに感謝!
とか
これからも頑張ります!
的なことを意識高く書く人の多いこと多いこと。
ああいうの死ぬほど嫌い。
ですので僕はそんなことしません。

しかし引越で前の家を引き払ったわけですが、
やっぱりいろんな思い出というか
思い出して素敵なこと、思い出したくもないこと
いろいろなものが出てきて、
それでもその家での愛着というかが
僕を複雑な気分にさせる。

グッバイ マイ 4 イヤーズ
そして
こんにちは これからの新生活。

さて落ち着いたらまたいろんな曲創るぞー。

ちかぢかネットが引かれるので
そうしたらこのときのために書いたSonata No.5を公開しよう。
祝・やっと完成。

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Retrospect, For Piano
Yuki
Yuki
2015
posted by Lobgesang / Blog at 23:45| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

How We Were Born In This World

いかにして僕たちは生まれてきたのか。
そしていかにして僕等は生まれていくのか。

人生の節目を迎えて思うこと。

僕等はいろいろな人に生かされているということ。
僕等はこれからも生きていくということ。


2016.06.04

'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,・*:★:*・'・*:★:*・,

[BGM]
Retrospect, For Piano
Yuki
Yuki
2015
posted by Lobgesang / Blog at 00:33| 神奈川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

【本日の一枚】それぞれの椅子 / 乃木坂46

C89F77C8-F6BD-4C82-9758-C3FFBAF6FC6A.jpg
【本日の一枚】それぞれの椅子 / 乃木坂46

今ノリに乗ってる秋元康ファミリーアイドル: 乃木坂46。
妹グループの欅坂46の猛攻を後押しに本家も奮闘している模様。
一昨年のファーストアルバム: 透明な色が満を持して出た分、今作は意外に短いスパンで出た印象。
10-14thのシングル曲及びそのカップリングを中心に、新曲や過去名曲を配し、4仕様に渡って展開されている。

極め付けは真夏の全国ツアーをDVD3枚に分けて3仕様に割り振っているあたり、アコギな戦法である。
正直、やってくれたなぁ感は否めないのだが、新曲や全体的な意匠は悪くかいので、その辺を差っ引いてこんなものかなぁという印象。

新曲が良い曲が多い。
特に欲望のリインカーネーション→悲しみの忘れ方の流れは歌詞の連携、曲調の転換点的にも実に素晴らしい。

ただそこが良かった分シングル曲の順にひねりを入れられておらず、解釈の奥行きを出させる演出はなかったのが残念。
シングル表題曲はいい曲だったなぁという感想しかもたらせず、一歩間違えば単なる寄せ集めベストに成り下がるところだろう。

ビジュアル面はなかなか面白く、第一印象としてはPerfumeの世界観のにおいのする意匠。
国立新美術館を背景に、チームカラーの紫を赤と青の2ベクトルに分解し構成された写真作品は図形的相似性があらゆるところにちりばめられているのではと思わず深読みをしたくなる。



しかしこういう多数仕様に跨るアルバムはアイドル商法以外にもはびこっているがこの悪印象は何から来るか。
言わずもがな同額ないしそれに準ずる金額帯を設定しておきながら、そして音楽を売り物にしている媒体で曲がかぶることが最も愚かしいことである。
2500-3500円の金額帯で10数曲が手に入る相場の中で、2倍の金額を払っても2倍の音楽は聴けない。

ただ音楽というある種芸術作品は、一曲の価値と金額とは一致しない。他の曲とリンクすることで価値や意味が上がることもあれば、曲数がいくら増えても金額は大して高くはならないケースもある。

それぞれの椅子は、完全に意味が異なる通常盤を除いた4仕様で考えれば16曲中全てに共通しているのは8曲の半分とまだマシな方だが、もしこれでアルバム構成が練られていて全曲が繋がることで意味が広がってくればそこまでエゲツなくない音楽作品になるのではないだろうか。

平たく言えば、
音楽というかエンタメパッケージに一般人はお金をかけなくなった時代の中でいかにしてファン一人にお金を落とさせるか、すなわち一客単価を上げるかということに頭を使った結果である。
ニューシングルとライブDVDを売るより、ブルーレイを作る手間を省き新作MVも撮る手間を省き、過去曲ベスト要素も入れて新規にファンを獲得しつつ、でも新作を提供するくらいの良心は見せ既存ファンのお布施の最大化を図る。
その結果がこの4仕様に跨る大作だと思えば、アコギ感はなくはないが、まぁ比較的良心的な部類だろうと言えるのではないか。

普段シングル全仕様を買ってあげるほどの信心深くない1ファンのお布施としては、まぁ妥当なところである。

新曲がいい曲だったからそこで納得できる。
posted by Lobgesang / Blog at 09:09| 神奈川 ☁| レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

【本日の一枚】対音楽 / 中村一義

FC7305B3-AFEC-4BB1-A501-C6C189344077.jpg
【本日の一枚】対音楽 / 中村一義

ベートーヴェンの9つの交響曲に相対して創られたいうアルバム。
時に旋律をサンプリングし、時に歌詞にエッセンスを散りばめたり、多角的なアプローチでこのベートーヴェンの偉業に挑戦している。

ボーナストラックは悲愴第2楽章のアレンジ曲というのもまた味がある。
posted by Lobgesang / Blog at 08:27| 神奈川 | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする